プライベートクリニック6月4日(火)、カッティーズクリニック6月8日(土)、貸し切りクリニック6月9日(日)レポート

ライディングクリニック NEWS

3日分のクリニックレポートです。

プライベートクリニック

こちらは平日のプライベートクリニックの模様です。MTBを初めたばかりと言う方で基本動作から練習しました。MTBライディングの上達において欠かせない動作である前輪と後輪を操作するという事を練習しました。この練習はバイクの中心に乗れている事が大前提なので、バイクの中心に乗るための基本フォームを作ってから練習に入ります。

プライベートクリニック

低い角材を超える事が出来たら、次は本格的に切り株を前輪後輪の順番で超える練習です。ただ勢いで超えるのではなく、しっかりとした手順を踏んで効率の良い体の動きを行い超えていきます。

プライベートクリニック

今回もじっくりとコーナリングの練習をしました。まずはコーナリングフォームの中で一番グリップ力を発生させやすい「外足加重のリーンアウト」のフォームから練習します。一番グリップする「外足加重のリーンアウト」のフォームから練習する理由としては、まずは一番グリップするフォームを習得してしまえば逆バンクやフラットコーナーなどの絶対的にグリップが必要なシチュエーションに対応することが出来るからです。タイヤのグリップ以外の動作を優先したフォームを練習する事は初中級者にとってあまりオススメ出来ません。

プライベートクリニック

こちらは練習し始めのフォーム。

プライベートクリニック

重心の位置、体重を掛ける位置、上半身から下半身までのフォームを細かくレクチャーし、それらを意識しながら反復練習です。

プライベートクリニック

こちらは練習の成果です。適切なポイントに乗れるようになりコーナリングが格段に安定し速度が出てきました。フォーム自体にも安定感が生まれましたね。

プライベートクリニック

こちらは小さいテーブルトップのレーンでジャンプ練習。踏切りに関しての運動動作をレクチャーし反復練習しました。運動動作とタイミングが合ってきて高さが出てきましたね。

ライディングクリニック

こちらは土曜日のカッティーズクリニックの模様です。 今回は沢山の方に参加していただきました。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

フラットコーナーで両足加重のカッティーズ。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

フラットコーナーで外足加重のカッティーズ。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

 

ライディングクリニック

両足、外足両方でのバームでのカッティーズ。カッティーズには使うシチュエーションと加重していく脚のスタンスによって方法がいくつかあるので、まずはやり易い方法で練習していただきました。全てを習得すれば走りの幅がグンと広がります。

今回は路面が完全にドライだったのでタイヤが滑りやすく、カッティーズの練習には最適な路面状況でした。何人もの方が鋭く後輪を流していましたね。カッティーズに関してのイメージはこちらをご覧下さい。

フラットコーナーカッティーズ

 

バームカッティーズ

 

カッティーズを簡単に説明すると、カッティーズとは後輪を流しながらコーナーを曲がるテクニックです。ブレーキをロックさせて流すのではなく体重移動のみで後輪を流します。後輪を自在に流せればそのバイクが物理的に作り出せる回転半径よりも小さく曲がる事が出来るので、小回りや急激なラインチェンジが可能になります。DHワールドカッパーが長いホイールベースのバイクで急激にターンが出来るのはこのためなんです。カッティーズを習得すれば後輪を意図的に流すだけではなく、ギリギリまで流さないでグリップさせる感覚も同時に養えるのでグリップ走行の限界も高くなるのです。タイヤの滑り出しを意図的にコントロール出来るようになれば、トレイルでタイヤが滑って路面にダメージを与える事がなくなり、トレイルに優しい走りが出来ますね。カッティーズは使い方1つで色々な使い方が出来るのです。ちなみにJOYRIDEに参加していただいているお客さんにはトレイルでの使用を自粛していただくように注意を促しています。いくら楽しい走法でも場所をわきまえないと深刻な事態を引き起こしてしまいますからね。カッティーズは管理者のいる常設コースで楽しみましょう♪もちろんJOYRIDEでは心置きなく行えますよ。

 

プライベートクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

こちらは日曜日の貸し切りクリニック。小学生と中学生の家族に走りに来ていただきました。初歩のスタンディングから練習です。バイクの中心を感じながらハンドルでバランスを取ります。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

こちらは目標物を超える練習です。体重移動を使えば力のない小学生でも超えられます。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

午後の搬送トレイルに向けてブレーキングの練習です。前後のブレーキ配分と下りを想定したボディーポジションの置き方の練習です。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

バームでのコーナリング練習。トレイルに行く前の練習です。しっかりと曲がれて来ましたね。

ライディングクリニック

いよいよ搬送トレイルに挑戦。みんな無事に走り切りました。

ライディングクリニック

ライディングクリニック

ライディングクリニック

帰って来たらジャンプとパンプトラックにも挑戦。子供は覚えるのが早いですね〜。コツをいくつか教えるとこの通りです♪

通常のライディングクリニックは講習内容に理論的な説明が入る事と安全管理の問題によりお子様は参加出来ませんが、今回の様な貸し切りクリニックにすればお子様もご一緒にクリニックを受ける事が出来ます。是非親子でのご参加はいかがでしょうか。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました